たぶん税理士(?)のおきがるBlog from 京都

トップページ 事業者向けプラン 相続向けプラン 確定申告向けプラン 事務所概要 ブログ リンク集
梅川大輔税理士のブログ
Dec.2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

名前:梅川大輔
ニックネーム:Ume
血液型:不明
出身:京都

自ら税理士っぽくない税理士になるべく日々励んでおります。「税理士さんってどうも苦手で」というあなたにきっと向いているはず。税金以外にもサッカーの話、お酒の話、食べ物の話なんでも待ってます♪

Umeのプロフィール

処理時間 0.342109秒
美容師も顧客メモをとる
どんな商売をしていてもすべては顧客商売、つまり売上がないと始まらないものです。
それは税理士業とて例外ではありませんし、内部事務を担当している人(ex. 経理)も同様です。
(経理担当者の顧客は報告先である社長や支払先である取引先、銀行が対象となると考えられます)



顧客商売ですごいと思うのは美容院です。

美容院を「やっぱあそこの美容院のカット技術はすごいわ〜」という観点で
美容院を選択している女性は少ないと聞きます。
少なくともUmeの数少ない実地調査では皆無に等しいと思います。

一方で「特定の美容師さんを目当てで行っている」という意見がちらほらあります。
また女性が車を購入する場合、ディーラーより美容師さんの意見を聞く、と聞いたことがあります。
専門家であるディーラーより素人である美容師さんの意見を聞くのは興味深い点です。



流行っている美容院は、顧客満足を高めるためにどのようなことをしているのでしょうか。
女性の場合、頻度の高い人でも美容院には2・3ヶ月に1回程度しか来ないはずです。
記憶力のいい美容師でも、以前の来店時の話した内容をすべては覚えていられません。
そこで毎回来店時に話しをした内容をメモし、来店前にメモを見る
ということを習慣付けている美容師がいるらしいです。

(女性は話を聞いてもらうことを重要視するということでもあります)



もしこれが税理士事務所をはじめとする、他の業務でメモをとらないのはかなり致命的といえます。
人間の記憶力には限界がありますから
 日報をつける
 資料を作成・保管する

ことは顧客満足度上、非常に重要な行為と言えます。



今までのBlog一覧はこちらをご参照ください。



質問、相談etcの方は、初回は無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
電話 : 0774-39-4129
FAX : 0774-39-4156
HP上のお問い合わせフォームはこちらをクリック
メールはこちらをクリック
(*)hotmail等のフリーメールからのお問合せはご遠慮下さい。
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









悩めば ・・・
byfiles>2/16
年金型生命保険で二重課税の判決
生命保険の選び方>7/27
月餅屋直正 @ 三条木屋町、京都
Ume>5/28
紙>5/28
正直は大切
Ume>12/25
エルトゥールル号 その3
ことわざの窓>7/01
大丈夫かな?
,大丈夫かな?>1/30
クローバー牧場 @ 木津、京都
,クローバー牧場 @ 木津、京都>1/29